サイト名

エクステリア

外周りはいわば“家の顔”。
家族の趣味や個性を表現しているといってもいいかもしれません。



ご自宅の1階に開く店舗周りにアプローチの階段と植栽を施しました。
プライベート空間のご自宅の玄関とをさりげなく分けるとともに、ホッとするようなお店のアプローチに仕上がりました。


全体の外観です。


もともとあった閉鎖的なコンクリートの門を取り払ってそのままになっていた跡に柱を設置し、開放的な造りにしました。

モルタル仕上げだった外階段に「鉄平石(てっぺいせき)」を貼り付け、鎌倉の景観に会うようにしました。


人工木を使用したウッドデッキです。
腐らない素材でできていますので、塗装のし直しなどのメンテナンスいらず。
天然木と比べて、非常に長い期間使用できます。


上は施工中の様子です。
アルミで梁を作って、その上に人工木を並べていきます。



サッシのすき間から外壁の仕上材の裏側に水が入り込んで、ふくらんでしまいました。
外壁を剥がし、その後に塗装とタイル貼り付けを行いました。


タイルとポストの色とを合わせてみました。



雍壁(ようへき)と階段の工事。
今まで斜めに積みあがっていた壁を垂直に施工することで、上の庭を広くすることができました。


階段もキレイに。

 



ご家族の構成の変化に対応して、これまでのブロック塀と植栽を取り払い、2台分の駐車スペースを確保。使い勝手の改善のみならず、雰囲気も明るくなりました。

入り口は引き戸にしました。

駐車していても車にドアがぶつかることなく、また車椅子でも開閉しやすくなりました。


 

高低差のあるお宅の駐車場部分に、ルーフウッドデッキを施工。
それにより、今までなかった“庭”としてご利用いただけるようになりました。

 

 

 


 


風通しの悪かったこれまでのフェンスから、縦格子のフェンスに取り替えて、風通しを良くしました。


汚れてしまっていたコンクリート壁もジョリパット(カラーモルタル)で横串パターンをつけてフェンスに合わせました。
全体的に、北鎌倉の雰囲気に合わせた色遣いで仕上げました。




全体に傷み、ドアノブ部分も故障して使えなくなっていた玄関ドアを、タイルや壁などの周囲はそのままにドアだけを取り替えました。




今までは段の高さがそれぞれバラバラで、また滑りやすく、さらに夜になると色が沈んで見えづらくなるという非常に危険な状態の階段でした。

段の高さを一定に揃え、ステップを滑りにくくし、暗くてもわかりやすい色を使い、さらに手すりをつけて、安全に配慮しました。





前に施工した業者のタイル下地不良により、タイル全体が剥がれ落ちかけていたところを全面改修しました。
下地からすべて施工しなおしました。



外周り
外周り一式とサイディング、玄関ドアを替えました。



外周り
このような斜面にもウッドデッキを作りました。
非常に見晴らしの良いものに出来上がりました。



例えば、こんな南欧風の外周りなんていかがでしょう。


タイルの一つ一つにも、個性が表現されます。どんなものを選ぶか、じっくり相談しましょう。
 

こちらもどうぞ

ページのトップへ戻る